元気塾: 中小企業経営者と自らの自己研鑽を目的に元気塾を開設し、元気印の企業が増えることを願って活動しています。元気塾主宰 疋田文明

疋田文明
中小企業経営者と自らの自己研鑽を目的に元気印の企業が増えることを願って活動しています。
元気塾へのお誘い 活動と会員制度のご案内 入塾/お問い合わせ
活動実績 注目企業紹介 連載コラム
元気塾
経営の現場は『知恵の宝庫』
疋田文明が注目する元気印企業を事例に
勝ち残る企業像、あるべき経営者像を
経営者のみなさまと共に探求します。
更新履歴
経営セミナー 『経営トップの果たすべき役割とその実践法』 ~講義録 頒布のご案内~
 
連載コラム
第3回 ファッションショーを主催する機械メーカー
 2005年7月29日・30日の2日間、和歌山ビッグホエールにおいて、実にユニークなファッションショーが催された。20人を超えるモデルから演出者にいたるまで、ショーを運営する人間は全てイタリアから招いたという。それだけ本格的な

ファッションショー

なのだが、主催者は

機械メーカー

島精機製作所だというのだから驚かされる。
 なぜ、

機械メーカー

がファッションショーなのか。それは、島精機が開発した『ホールガーメント』のよさを、

アパレルメーカー

経営者

デザイナー

たちに、理解してもらいたいがためにである。無縫製で一気にニット製品を編み上げる『ホールガーメント』は、同社の島正博社長が、疲弊する日本の

ニット業界

を再生させることを目的に開発したもの(注目企業紹介に詳しく紹介)だが、売り出し当初は、国内での反応が芳しくなかった。
 

ベネトン

等々の

海外企業

からは100台単位で注文がくるのに、国内企業からは微々たるものだったのだ。活力をうしなった国内の

ニットメーカー

に、新規投資意欲がなくなってしまっていたことが、一番の理由だったが、島社長は諦めなかった。『ホールガーメント』を使えば、どれだけ効率よく、素晴らしいニット製品ができるのかを、島精機自らが実践して見せることを考えたのだ。
 数年前には、和歌山市内に、ホールガーメント7機を据えて「ファッションファクトリブティック」をオープンさせ、2004年にも、創業40周年事業の一環として、ファッションショーを開催している。その延長線上にあるのが、今回のファッションショーだ。
 島精機のモットーは、「DAY BY DAY」だけに、ホールガーメントも進化し続けている。しかし、いかに素晴らしい機械でも、そのよさを知らしめないと買ってはもらえないということだ。知らしめるためにファッションショーまで主催する……島精機の戦略に学ぶべきことは多い。
 
  Fumiaki Hikita Official Site  
  このページをご覧頂くためには、Macromedia Flash Player が必要になります。 Copyright(c) 2005 Fumiaki Hikita Official Site. All rights Reserved.