元気塾: 中小企業経営者と自らの自己研鑽を目的に元気塾を開設し、元気印の企業が増えることを願って活動しています。元気塾主宰 疋田文明

疋田文明
中小企業経営者と自らの自己研鑽を目的に元気印の企業が増えることを願って活動しています。
元気塾へのお誘い 活動と会員制度のご案内 入塾/お問い合わせ
活動実績 注目企業紹介 連載コラム
元気塾
経営の現場は『知恵の宝庫』
疋田文明が注目する元気印企業を事例に
勝ち残る企業像、あるべき経営者像を
経営者のみなさまと共に探求します。
更新履歴
6/10 「元気塾へのお誘い」「活動と会員制度のご案内」を更新いたしました
 
連載コラム
第4回 マブチモーター事件犯人逮捕に思う
 「マブチモーター事件」の犯人が検挙された。あまりにも残虐な事件だっただけに、事件発生時には、怨恨説が盛んにいわれたが、筆者は否定的にみていた。奥様とお嬢様を奪われた馬渕隆一会長(事件発生時は社長)に何度かインタビューしたことがあるが、氏は本当に仕事一筋、『くそ』がつくほどの

真面目

経営者

だ。それは周囲の人たちだれもが認めている。
 事件当時、週刊誌からコメントを求められて、次のように答えたことを思い起こす。
 「あれほど真面目な人が、怨みをかうとすれば、どんな人でも怨みをかう可能性があると思う。馬渕社長に限っていえば、怨みをかうことはありない」
 報道によれば、犯人は資産家であればだれでもよかったと、自供しているという。犯罪理由が怨恨ではないからといって、犯人が逮捕されたからといって、馬渕隆一会長の無念が消えるわけではないだろう。しかし、馬渕モーターや馬渕さん一家を怨んでの犯行ではないとわかったことは、結果としてよかったと、筆者は思う。
 落ちこんでおられた馬渕会長も、三回忌を終えた昨年8月には、「いつまでも嘆き悲しんでいては、妻や娘に叱られてしまう」と、元気に、筆者のインタビューに答えてくださった。そのときの話をもとに書いた記事を、当ホームページ「注目企業紹介」に掲載してあるので、是非お読み頂きたい。
 筆者は、あの事件があったからといって、マブチモーターの

経営

が否定されてはならないといい続けてきた。馬渕会長は、「妻や娘に、マブチで、やり残した仕事はないのですか」と、天国から声が聞こえてくるといっておられた。マブチモーターの

経営

は、本当に示唆に富んでいる。
 
  Fumiaki Hikita Official Site  
  このページをご覧頂くためには、Macromedia Flash Player が必要になります。 Copyright(c) 2005 Fumiaki Hikita Official Site. All rights Reserved.