疋田文明 Official Site: 中小企業経営者と自らの自己研鑽を目的に元気塾を開設し、元気印の企業が増えることを願って活動しています
疋田文明
元気印の企業が増えることを願って活動しています。
プロフィール 著作と連載 Home
講演テーマと実績 お問い合わせ リンク
経営の現場は『知恵の宝庫』
疋田文明が注目する元気印企業を事例に
勝ち残る企業像、あるべき経営者像を
探求します。
元気塾
更新履歴
6/10 「元気塾へのお誘い」「活動と会員制度のご案内」を更新いたしました

帝王学

帝王学(ていおうがく)とは、王家や伝統ある家系・家柄などの特別な地位の跡継ぎに対する、幼少時から家督を継承するまでの特別教育を指す。学と名はついているが明確な定義のある学問ではなく、一般人における教育には該当しない。

解説

具体的には突き詰めたリーダーシップ論とでも言うべきものである。経営術や部下を統制する方法といった限定的なものではなく、様々な幅広い知識・経験・作法など、跡継ぎとしての人格や人間形成に到るまでをも含む全人的教育である。

また、いわゆる学校での教育という概念とは根本的に異なり、自分の家系を後世へ存続させ繁栄させる、という使命感を植えつけることを目的としている。

帝王学の基本

狭義の帝王学は、生まれたときから帝王の座につく運命にある者の教育をいう。一例を挙げれば天皇がその立場にある。皇室による帝王学は、万世一系の皇統をいかに維持し次代に伝えるか、の守りにあると解釈される。

新たに何かを実践することではなく、あくまで伝統を踏襲するものである。~せよではなく、~してはいけないといういわば“守成”を重んじた帝王学である。もちろん、歴史や伝統の違いによって、そうではない帝王学も世界には存在すると思われる。

第59代宇多天皇は、皇太子(のちの醍醐天皇)に帝王の心得として「寛平御遺誡」というものを遺しているが、それには、次のような項目が見られる。

  • 賞罰を明らかにし、愛憎をふりまわすことなかれ。
  • 皆に公平に、好悪に偏るべきでない。
  • 万事について惑溺して度を過ごしてはいけない。
  • 天子たるもの喜怒を慎み、表情にだしてはいけない。等々

なお、上のような王家・宮廷などでの“帝王学”のほかに、現代では政治家や企業家の2世、もしくは次期指導者に対して“帝王学”が施される場合もある。権力・財力を持った者がその力を自覚し、維持しつつ正当に行使するための、さまざまな行動・表現のノウハウといったものが考えられる。

脚注

関連項目

  • 皇室
  • 王室
  • リーダーシップ
  • 世襲
帝王学に関連する文献
  • 樵談治要(日本)
  • 韓非子(中国)
  • 貞観政要(中国)
  • 宋名臣言行録(中国)
  • 君主論(イタリア)
  • 実利論(インド)
  • メリカラー王への教訓(古代エジプト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「トップが変われば組織は変わる」―そんな考えを持つ疋田文明が主宰する中小企業経営者のための会員制勉強会
 
  Fumiaki Hikita Official Site  
 
このページをご覧頂くためには、Macromedia Flash Player が必要になります。 Copyright(c) 2005 Fumiaki Hikita Official Site. All rights Reserved.