元気塾: 中小企業経営者と自らの自己研鑽を目的に元気塾を開設し、元気印の企業が増えることを願って活動しています。元気塾主宰 疋田文明

疋田文明
中小企業経営者と自らの自己研鑽を目的に元気印の企業が増えることを願って活動しています。
元気塾へのお誘い 活動と会員制度のご案内 入塾/お問い合わせ
活動実績 注目企業紹介 連載コラム
元気塾
経営の現場は『知恵の宝庫』
疋田文明が注目する元気印企業を事例に
勝ち残る企業像、あるべき経営者像を
経営者のみなさまと共に探求します。
更新履歴
6/10 「元気塾へのお誘い」「活動と会員制度のご案内」を更新いたしました
 
連載コラム
第5回 常識はずれの挑戦で大成功
 11月3日午前0時、鹿児島県川辺町の周辺道路は、時ならぬ渋滞を引き起こしていた。その原因となったのが、その日にオープンしたA‐Zスーパーセンター川辺店(会社名はマキオ、以下AZ)だ。川辺町の人口はおおよそ1万5千人。周辺にも大きな市町村はない。鹿児島市内から車で40分はかかる不便な場所。そんな町に、4000坪近い売り場面積を持つ

24時間営業

大型店

が誕生したのだ。
 筆者は11月10日に訪問したのだが、平日の午前中というのに、買い物客が数多くいる。オープン以来、商品の補給が追いつかないほどの盛況ぶりだと聞く。店舗のある場所は、従来の常識からすると、

大手量販店

が成り立つ商業立地ではない。なぜ、そんなところにAZは出店したのか。
 同社の牧尾英二社長は、「競争相手が出てこない立地だからです」と、笑って言うが、これは本音でもあるのだ。実は、川辺店は2号店で、創業の店は鹿児島県阿久根市にある。現在の阿久根市の人口は26000人。川辺よりは多いが周辺人口は大差がない。牧尾社長は、この阿久根市に1997年、3500坪の売り場面積を持つ

大型店

24時間営業

でオープンさせている。なぜ、こんな場所にと聞くと次のような答えが返ってきた。
 「田舎の人だって、欲しいと思う商品を、欲しいと思うタイミングで買いたいのです。ところが、

大手量販店

は間違っても進出してこないから、不便を感じている人は沢山いるのです。それならば、私がと……」
 

流通業

に関わる人ほど、その挑戦は無謀だと非難した。銀行も離れていった。いつつぶれるか、賭けの対象になったと聞く。結果はどうだったのか。初年度、

損益分岐点

45億円の店が62億円売り、その後

1000坪増床

して、売上は

100億円

を超えるまでに成った。
 この成功を受けての川辺への出店だったのだ。AZの成功を見ると「

経営の世界

には教科書も公式もない」ことが本当によく理解できる。牧尾社長は、「

前例否定

」の精神で挑戦したことがよかったという。
 

既存の流通業

とAZの違いはどこにあるのか―― 注目企業紹介で詳しく紹介する。
 
  Fumiaki Hikita Official Site  
  このページをご覧頂くためには、Macromedia Flash Player が必要になります。 Copyright(c) 2005 Fumiaki Hikita Official Site. All rights Reserved.